白紙ノート

20代後半にさしかかってもなお日々もがくさまの記録

会いたいならそう言ってしまえばよい。

会いたいって言っていいのか悩むってよく相談とかされるけど

悩むだけ時間の無駄だと思う。


言って反応なかったらもう自分から言わなければいいだけだし、

言って反応があれば物事が動く。


結局のところ自分中心の考えなわけで。

相手の迷惑かな、とか気遣ってるようで

自分が嫌われている現実を直視することになるかもしれない恐怖と

もしかしたら会えるかも?という期待がなくなることへの虚しさと

自分の中にあった誰かへの感情が終わりに向かう寂しさと

根底にあるのは自分。自分がどうしたいかは自分で決断するしかない。


それに結構言ってしまうことですっきりしたりして、

まさに自分本位な発想かもしれない、

言いたいこと言ってすっきり、という。

それくらい自分出してない状態で、相手に好かれたところでその先が思いやられる気しかしない。


これは付き合う前の人たちの話です、あしからず。

付き合ってたらかわいく会いたいなぁーで問題なしだもの。頻度はわきまえなきゃだけど。


そんなことを考えた1日。