読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白紙ノート

20代後半にさしかかってもなお日々もがくさまの記録

6日目

生まれて初めてネイルサロンへ。

結婚式に出るので、時間もあるし、ネットでポイントも貯まっているし、ということでいってみた。普段もまったく爪はいじらず、たまにベースコートだけ塗って終わり、という昔に比べて進歩した。

いやーこれ爪を綺麗に保ってる人はすごいですね。と思わずにはいられない。

まず生まれて初めて爪にやすりをかけられる。爪が短い状態で行ったので、やすりが痛い。形も綺麗になったけど、軽く深爪状態。そこから甘皮処理。ペンチみたいなのが出てきた時は恐怖を覚えたが、器用に爪との境界を処理していく。すごい、プロ。

ジェルネイルはライトを当てて定着させていくのだけど、熱い。手を入れている間ドキドキしっぱなし。


しかしトータル両手で1時間半かかるなんて!しかも2、3週間でダメになっては塗り直し。お金もかかるし。自分でできれば少しは負担が減るのだろうか。

でも出来上がって光を反射する爪を見ると、たしかに気分が上がる。ただ色のチョイスがいまいちだったから次はもう少し研究してから行こう。…あれ、次もやろうとしてる…?